Read Article

グラフィックデザイナーが手掛けた新しい1年の天気図がすごい!

日本の美しさは四季があること!

そんな美しさを新しい形でビジュアル化したのがドイツのグラフィックデザイナー・ Timm Kekeritz氏。

2013年の1年間の気温を基に作成しています。1周で365本の線があり、1本の線はその日の最低気温、最高気温を表しています。

図の見方は時計と一緒で右回りに進んでいきます。薄い青い丸は降雨量みたいですね。

降雨量

出典:weather-radials.com

 

公式サイトでは、いくつかの都市をまとめたポスターも発売しているようで、インテリアとしてもお洒落かもしれませんね。

四季があると日本人が誇るTokyoはこちらです。

東京

1日での温度差が少ないので、グラフは大きくありませんが、10月の降雨量が突出していますね。

10月16日に起きた台風によって降水量が増えていると英語の説明で書いてあります。1月は雪ですね。

世界中の気温が視覚的にわかるのでおもしろいかもしれませんね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top