Read Article

日本橋でつじ半のぜいたく丼特上を再び!のはずが・・・

1年前に衝撃的な出会いをした、つじ半に再度行ってきました。

都下に住んでいる私としては東京付近、日本橋や茅場町でランチを楽しむなんて夢のまた夢なわけでありまして、仕事柄、「今日は出張で東京駅付近に行くんだ!」ってことも滅多にない、というか皆無なので、お洒落ランチには程遠い生活を送っています。

そんな私に幸運か、参加したいセミナーが日本橋近辺で行なわれるということで「つじ半に行ってきました。」

つじ半のぜいたく丼は本当にぜいたく丼

ぜいたく丼は、松・竹・梅・(特上)を選択できるのですが、ほとんどの方がランチとして行かれるので梅を選択します。

梅は990円なので、ランチとしては全然許容範囲。(東京駅近郊でランチすると楽勝で1,000円越えます・・・)

場所はここ↓東京駅からも徒歩で10分かからないくらいですね。

 

つじ半の外観はこんな感じ。

つじ半
つじ半中はジロジロと写真を撮れるような雰囲気ではなかったので・・・(オッサン1人でパシャパシャできず)

撮らなかったのですが、お寿司屋さんのカウンターみたいな造りで雰囲気もそんな感じです。席は10席くらいですかね。回転はあまり良くありません。

 

特上が無かった・・・

ぜいたく丼は、梅・竹・松・特上と4種類あったのですが、特上が無くなっていました。

IMG_5247

梅:990円
竹:1,450円
松:1,990円
特上:2,990円
と梅と比べると2,000円も高いのです。「1年に1回くらいしか来ないし!!」と自己説得を繰り返し、1年前に行った前回は特上を頼んだのですが・・・無くなっていました。

大将の説明をうるおぼえですが、

梅 → ベーシックな海鮮丼
竹 → 梅に蟹を追加したもの
松 → 竹にうにも追加したもの
特上→ イクラ&うに、てんこ盛り

だったと思います。

 

特上を食らってやろうと意気込んで電車に1時間半くらい乗ったのですが・・・無かったので松にしました。

 

つじ半:ぜいたく丼松IMG_0670最初に、刺身4切れと、卵の黄身を溶いた醤油が渡されます。

刺身は後で使うので、2切れほど残しておきます。私は全部残しておきました。

 

・・・激ウマッ!!

 

本当、幸せな気持ちになる海鮮丼です。

これだけでも大満足なんですが、完食した後に、

「お願いしまーす!」

と言って、丼をカウンターに乗せると、鯛のお出汁とご飯を入れてくれます。

IMG_3483

ごはんは、「少なめ」「普通」「大盛り」と選べるので、もちろん「大盛り」にしました。女性でも「普通」で頼んでいる方が多かったです。

ペロっといけちゃうので、是非ご賞味ください。

 

 

特上が無い理由

 

大将に帰り際、「特上は無くなっちゃったんですか?」と聞いてみたところ、

「うにがあまり入らないからお休みしている」とのことでした。

価格は2,990円となかなか良いお値段がしますが、1年に1回くらいしか行けないので・・・ってことで復活を願っています。

1年前に食べた特上はこちら↓。

つじ半特上

 

いくらとうにのボリュームがケタ違いですね。

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top