Read Article

税金作文が中学の宿題らしい。書き方を紹介します。

2014年「今年の漢字」が『税』に決まりましたね。

消費税も8%にあがり、こっそり相続税もあがり、夫婦の扶養控除の問題も話題になり、税金に関しての話題は尽きることがありません。

 

そんな中、公立の中学校の夏休みの宿題が「税金作文」ということで、私の時代とはトピックがまったく違うことに驚きました。

税金の作文を書く上で、まずは日本の税金についてわかりやすく知る必要があると思い、ちょっとまとめておきました。

 

中学生の方は、参考にしてみてくださいね。

コメントで質問も受け付けています。
税金作文のネタはこちら

 

2014年今年の漢字

まずは税金の種類

税金の作文を書くにあたって、まずは税金の種類を知らなければなりません。

税金ってのは種類がたくさんありますから、その中から自分が興味を持つ税金について取り上げてみると良いかもしれませんね。

 

■消費税

これは、生活に大きな影響を及ぼしている税金ですから、書きやすいですね。

他の中学生も取り上げるので、ほとんどの人が消費税について税金を書く!という現状になっているそうです。

 

そもそも消費税は、日本の場合は一律商品に対して、8%がかかります。(2014年12月現在)

 

○作文での視点
消費税が導入されたのは1989年。DAIGOのおじいちゃんが導入したよ!
国によって消費税の率は違う。ヨーロッパ諸国は高い
ヨーロッパは15~25%程度
小麦や乳製品など、生活に関わる商品は消費税を安くしている国もある
日本はなぜ消費税を上げないといけないのか?

■所得税

所得税は君たちのお父さんお母さんが、働いている場合は払っている税金ですね。

実は会社に勤めている人は、会社が自動的に所得税を払ってくれています。所得に応じての税金なのです。

○作文での視点
お給料が多いほど、税率が高くなる累進課税を採用している
やはりヨーロッパ諸国は所得税率が高く、30~40%
日本は平均して20%程度
インドやインドネシアなどは所得税が低い!

■酒税・タバコ税・ゴルフ税
実は、お父さんが楽しんでいるかもしれない、お酒・タバコ・ゴルフにも税金がかかっているんです。

お酒やタバコなどは、生活に絶対的に必要はものではないですよね。そのような物を「嗜好品(しこうひん)」といいます。

今では嗜好品に対して税金がかけられるのは当たり前となりましたが、「個人で楽しむためのものに税金がかけられるなんて、とんでもない!」という風潮もあったそうですよ。

 

ゲームやおもちゃに税金かけられると納得いかないと同じですね。

○作文での視点
なぜ嗜好品に税金がかかるのか?
酒税、たばこ税の税額ってどれくらいなのか。
世界の他に国々はたばこにどれだけ税金かけているのか?

 

■住民税

自分が住んでいる地域の地方公共団体にも「住民税」を支払っています。これもお給料から引かれますね。

例えば、みんなが使っている公園とか、図書館とか、他にも消防署などにも住民税が使われています。

 

○作文での視点
所得税と同様に収入に応じて、税金の金額決まる。
住んでいる人が少ない地域の住民税はどうするの?(東京と沖縄じゃ人口が違うよね。)

■法人税

会社も税金を支払っています。1年間の売上から使ったお金を引いた分、に対して税金がかかります。

 

○作文での視点
日本の法人税の割合は世界でも高い方
実は中小企業の7割が赤字で税金を払っていない?
法人の税率も利益によって変わってくる。
法人も住民税や消費税を払っている

 

■相続税・贈与税

何かを相続する時や、あげる時にも税金がかかります。

例えば、おじいちゃんやおばあちゃんが無くなった時に、銀行に預けているお金だったりをお父さんお母さんが貰いますよね。その時に相続税としてお金を払うわけです。土地を持っていたり、株を持っている場合も受け取る時に税金がかかります。

 

○作文での視点

相続税や贈与税の税額ってどれくらい?
孫の教育費を払ってあげる場合は、贈与税がかからないような制度ができた
相続税や贈与税を支払う時って誰に相談すればいいの?

 

国税庁のHPにも税金に関する基礎知識を中学生にもわかりやすいように紹介しているので見てみると良いかもしれませんね。
税の学習コーナー

出典:国税庁

さぁどれか1つの税金を取り上げてみよう。

日本での税金についてざーっと説明してみました。

作文の書き方の手法として、1つのトピックについて詳しく述べるという手法があります。

 

例えば、『法人税』について取り上げると決めたとしましょう。

そうしたら、インターネットなどを使って『法人税』について調べてみるのです。簡単にでも構いませんので、

法人税って何なのかな?
法人税を払っていない会社ってどーゆーこと?
連結決算??
法人税の税率は日本でどれくらいなんだ。
なぜ自民党は法人税を下げようとしているの?
外形標準課税って何?

といった、疑問が浮かび上がってくるでしょう。すべてを解決する必要はありません。

 

そこで、あなたが疑問に思ったことやみんなに知ってほしいことを、作文のテーマにすればいいのです。

 

タイトル:『なぜ日本の会社の7割は赤字なのか?』

序論:個人が所得に応じて税金を納めているように、法人つまり会社も税金を『法人税』として納めています。
しかし、日本の7割の会社が赤字申告をしていて税金を納めていません。景気の影響もあるでしょうが、どんな問題があるのでしょうか。

(序論とは作文の書き始めですね。こんな内容を書きますよ~。と触りの部分を紹介します。)

本論:会社に利益が出なくて、赤字申告をしている会社もあります。しかし、会社の中には、『どうせ税金を支払うのだから、利益を使ってしまおう』ということで、無理やり赤字にしている会社も少なくないとのことです。

(本論では、タイトルに合う作文のメインテーマを書きます。問題点も一緒に書くといいですね。)

 

結論:現在、外見標準課税の導入が検討されています。外見標準課税とは赤字黒字に関係なく、一定の税率を納めるようにすることです。(中略)私は~と思います。

 

(結論では、自分の意見を多めに書くと良いです。)

例えば、無理やり赤字にして法人税を支払わないようにしている会社のことで、

真面目に利益を出して、税金を払って社会に貢献している会社が可哀相
赤字でも黒字でも一律で税金を支払うようにすれば、無理に赤字にする必要がなくなるから、結果として法人税も増えるのではないか
などなど、仮に大人から見てとんちんかんな内容であったとしても構いません。

重要なのは、あなたの意見をしっかりと書けるかどうかです。

 

 

大きなトピックで税金について考えてみる。

上記の例では、1つの税金の種類について調べて、疑問に思ったことや人に教えたいことをテーマにする例でした。

次は、大まかな『税金』というものに対して作文を書く方法です。
作文には1つのトピックを取り上げて詳しく書く方法と、

大きなトピックで書く方法の2つがメジャーです。今回の税金で言えば、

『なぜ私たちは税金を支払わなければならないのか?』
『私たちの税金ってどこに行くの?』
『増税に賛成か反対か?』

こちらの方が作文としては書きやすいかもしれません。
特別な知識がなくても書けてしまうので、準備期間は1つのトピックを決める場合よりも短くて済みますが、話を展開しなければいけないので、税金に関するエピソードなどがある方がいいかもしれませんね。

例えば、おばあちゃんと固定資産税の税金を払いに行った。家を持っているだけで1年間で10万円近くの税金がかかるなんて知らなった。でも、その税金ってどこに行くの?と疑問に思った。
とかですね。中学生の気持ちであれば、文字数稼ぎたいでしょうから(笑)

エピソードがあると良いかもしれません。

 

こちらの書き方に関しては、過去の受賞者の作品を読んでみるとイメージが湧きやすいでしょう。
平成26年度中学生の『税についての作文』各大臣賞

出典:国税庁

 

世の中で税金が使われている物に焦点を当てて、大きく話すのも良いでしょう。

最近なんかでは、横断歩道の信号機があとどれくらいで変わるか表示されるものが多くなりましたよね?

横断歩道

 

これにも税金が使われているわけです。

障害者の方や高齢者の方が、あとどれくらいで信号が変わるかがわかるようになり、交通事故も減るということで評判があります。

 

このように、身近に溢れていて税金が使われているところに着目して、作文を書くのはどうでしょうか。

税についての作文の賞を受賞した例を読んでみると良いかもしれませんね。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 参考になりました。

  2. よくわかりました!!ありがとうございます!!!

  3. 小論文と同じかきかたですね!
    ありがとうございます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top