Read Article

平成28年度の都立入試の仕組み劇的に変更するらしい。※2016年度

今年、2015年度は親戚の子供が都立入試で無事に合格できました。

私は神奈川出身ですが、アテストってものがあったり学区が撤廃されたり、といろいろ経験してきましたが、

都立もほぼ毎年やんけ!!ってくらい制度が変更になっているんですね。

と、思ってちょっと調べてみたんだけど、東京に限らず関東圏の公立高校の入試ってコロコロと変わっているんですね。

それってどうなの?って普通に考えて思いますよね。

子供たちは色んな制度を試されている側にしか思えないのですが・・・まぁしょうがない。

toritu

ってことで、平成28年度の都立入試の変更点について調べてみました。

 

都立入試の仕組みはこう変更される

 

①5教科になる
工業高校とか、商業高校、一部の普通科の都立高校では、英・数・国の3教科受験もできたわけですが

それが5教科になるそうです。まぁ、そもそも3教科だった理由がよくわかりませんが。

 

「理科・社会とかの暗記物は苦手だから工業高校受けよう!!」

 

ってのはもう通用しないわけですね。

定時制は例外らしいです。

 

 

②当日点と調査書の比率が7:3になる
今までは、学校によって、7:3、6:4、5:5なんてのがありました。

まぁほとんどの高校は7:3だったのですが、少し偏差値的に低い高校なんかは、6:4だとか、工業高校なんかでは5:5ってのもあったわけですね。

それが、全日制はすべて7:3!!

に変更になるそうです。

 

つまりは、当日の入試点を今後は重視していこうじゃない!

ってわけです。すべて当日点でも良いような気がしますけどね~。それだと中学で勉強しなくなるから内申点って仕組みを設けているのでしょうかね。

 

 

③音楽・美術・体育・技術家庭が2倍だから重要

 

これが中学生にとっては大きな変更になるかもしれませんね。

今までの形式だと、英語・数学・国語・理科・社会の都立入試の当日の問題に使われる教科は調査書が1倍で、入試に使われない音楽・美術・体育・技術家庭は1.3倍だったのですが・・・

今後は、この技能4教科を2倍にする!!ってことだそうです。

 

教育委員会の言い分だと、中学生は知・徳・体のすべてをバランス良く育む必要があるから

勉強だけじゃ駄目なんだって。

技能4教科もしっかりできないといけなんだとか。

 

 

だったら、各中学で成績のつけ方を徹底して統一しろよ!!!

と個人的には思いますが。まぁしょうがない。そーゆールールなんだから、そのルールの中で戦わないといけないですね。

 

 

上記が平成28年度から実施される都立入試の制度変更点ですね。

 

東京都教育委員会のページはこちら

→ 中学2年生の皆さんへ

 

最新の都立入試の仕組みはこちら。

→ 5分で分かる!最新東京都都立高校入試制度の必須知識

 

 

都立入試変更で何が必要になる?

 

今回、都立入試が変更になることで中学生はますます「学校への参加度」が重要になりますね。

入試の当日点と内申点が7:3になったとは言え、1000点満点の入試で300点分は内申点なので、しっかりと取っておく必要があります。

 

精神衛生上も、当日350点で合格!ってのと、当日300点で合格!!ってのでは訳が違いますからね。

 

で、今回技能4教科が2倍ということで、この部分もしっかりと取りにいかないといけないわけです。

 

技能系の教科って学校の先生自体も成績つける基準みたいなものって難しいんですよ。

 

私も大学が教育学部なんで、友人が教師をしている方々はたくさんいますが、まぁ難しいって言ってましたね。

 

だからこそ、

提出物
貢献度

この部分って戦っていくしかないんじゃないかなーなんて思います。

 

例えば、体育の授業なんかでも積極的に準備をしたり、感想提出があったらしっかりと内容のある感想を提出したり、と頑張るしかないわけです。

 

あとは、テストです!!

技能4教科は期末テスト1回しかないのですが、さすがに満点近く取っていれば先生も3はつけにくいでしょう。

ちゃんと授業に出ててテストが満点近くだったら最低でも4にはしてくれるかと思います。

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top