人生の楽しみより悲しみの方が長く続くことが判明!

人生の楽しみより悲しみの方が長く続くことが判明!

世間はクリスマスは年末年始のムードが漂い、サービス業以外の方々にとっては心躍る季節になってきました。 アメリカでもサンクスギビングデー(Thanksgiving Day)というアメリカ人にとって大事な祝日が終わり、翌日の大セール「ブラックフライデー」も終え、日本人よりも大事にしているクリスマスに向けてお祭り気分になって...

スマホを置いてあなたの子供をしっかりと見るべき理由。

スマホを置いてあなたの子供をしっかりと見るべき理由。

去る10月7日にアメリカのイェール大学の研究にて興味深いデータが実証されました。 それまで、親がスマホをイジっていることが子供の予期せぬ怪我につながっているとの『予測』はありましたが、具体的なデータに基づくものではありませんでした。 しかし、スマホのデータ回線3Gの普及と共に、親の不注意による子供の怪我が増えていたので...

『紙の月』映画を観た感想。角田光代さんの小説を読みたい。

『紙の月』映画を観た感想。角田光代さんの小説を読みたい。

先日、お仕事のお休みを頂いたので映画『紙の月』を見てきました。 映画を観た率直な感想としてはイマイチかな・・・なんて思ったのですが、ゴロウデラックスにて、『紙の月』の原作者・角田光代さんが出演されていて、『紙の月』の魅力を感じてきました。 ゴロウちゃんが、紙の月の主人公の夫・梅澤正文の性格を描写している小説の一説を読ん...

ポポーの育て方が話題になりそう。どんな味なんだ!

ポポーの育て方が話題になりそう。どんな味なんだ!

さきほど、とあるテレビ番組で、希少フルーツ「ポポー」について特集がありました。 どうやら1950年頃は一般的に食べられていた果物だそうですが、日持ちしないとのことで流通社会になった日本では他のフルーツに取って代わってしまったという悲しい過去があるそうです。 そんなポポーの味が忘れられず、静岡で900坪の土地でポポーを育...

異常気象中のアメリカ感謝祭2014は大雪になるのか?

異常気象中のアメリカ感謝祭2014は大雪になるのか?

本日、11月27日はアメリカの感謝祭です。 英語で言うと、ThanksgivingDayですね。サンクスギビングデー。   日本と違ってアメリカの国民の休日は家族や知り合いなどで自宅パーティーを実施するのですが、七面鳥を食べたりケーキを食べたりするわけです。 意外と知らない日本人の方も多いのですが、このサンク...

副島隆彦氏の新刊『官製相場の暴落が始まる』は円安を予言していた。

副島隆彦氏の新刊『官製相場の暴落が始まる』は円安を予言していた。

ここのところ、じっくりと時間を取って本を読むことができなかったのですが、 副島隆彦氏の新刊『官製相場の暴落が始まる』を読んでみました。   政治って言うと、テレビで知るくらいの知識しか無かった私ですが、政治や経済をマスメディアの知識だけで見聞するのは非常に危険な行為であり、事実に基づいた世界基準を学習する必要...

寄生獣

寄生獣の映画化記念で漫画を全巻一気読みしてみた。R指定は避けた模様。

「21世紀を代表する漫画です!」   寄生獣を友人に進められるも、ちょっとグロいという話を聞いて読まず嫌いだったのですが、この10年間を後悔しました。後悔し過ぎて噛んだ奥歯から血が出そうです。 これだけの素晴らしい漫画がよもや20年前にリリースされていたと思うとゾッとしますね。 なんでまた20年の時を経て寄生...

グローバル企業は全然グローバルじゃなかった!

グローバル企業は全然グローバルじゃなかった!

日本の英語教育が小学校3年生からスタートになることがほぼ決定なようです。 小学校3年生から正式科目となれば、中学受験でも英語が解禁ということになりますので、大学受験の日東駒専レベル、センター試験レベルくらいは普通に中学受験でも出題されそうな時代の流れを感じます。 そうするとますます中学受験専門の塾は英語の入試対策に力を...

カロリー表示義務化でアメリカ食生活が原因の肥満は解消されるのか?

カロリー表示義務化でアメリカ食生活が原因の肥満は解消されるのか?

アメリカで肥満が問題になっています。   私自身は日本で言うところの、ちょっとぽっちゃり身長178cmの体重78kgなわけですが、日本にいると 「がたい良いわね~」 と言われるのですが、アメリカで生活をしていた時は、「Skinny(=痩せっぽち)」なんて言われたこともあります。 そのアメリカは肥満が社会問題に...

グラフィックデザイナーが手掛けた新しい1年の天気図がすごい!

グラフィックデザイナーが手掛けた新しい1年の天気図がすごい!

日本の美しさは四季があること! そんな美しさを新しい形でビジュアル化したのがドイツのグラフィックデザイナー・ Timm Kekeritz氏。 2013年の1年間の気温を基に作成しています。1周で365本の線があり、1本の線はその日の最低気温、最高気温を表しています。 図の見方は時計と一緒で右回りに進んでいきます。薄い青...

Return Top